はじめての9月!

日々

DSC_0310朝夕はめっきり涼しくなり、過ごしやすくなりました。
9月の初めの土日は熊本へ、作品の出品、島田美術館での「chanowa」夜のお茶会、そして「昭和の家」の掃除に行ってきました。

DSC_0302「昭和の家」は、双子の息子達が借りている二軒長屋です。昭和の佇まいの家が数軒建ち、それぞれの家の少しずつの庭には大家さんの心尽くしの花々が一年中咲いており、時間の流れが違うようなその家を勝手に「昭和の家」、そう呼んでいます。
昨年4月の震災の時は周りの家の壁も崩落したりヒビが入ったり屋根瓦が落ちたりしましたから、引っ越しを考えたのですが、息子たち本人の反対もあって住み続けています。お隣は寝たきりのお母さんとお二人暮らしの方でした。余震の度の非難がとても大変で、と引っ越されました。でもすぐにもっと大変な経験をなされたご一家が「ここは良かところですね。」と言って入居なさいました。
そうなんです。家の壁にヒビは残っていますが、震災の翌月に色とりどりのジャーマンアイリスが咲き乱れていました。私も「野菜の花やハーブ、季節の花々が咲くとですよ。」と下見に来られる人たちに、草取りをしながら話しました。
今年になって、熊本の家々に被せられていたブルーシートの数は減ったように思います。今回も大家さんとおしゃべりをして、物産店で「いきなり団子」を買って帰ってきました。「chanowa」のお茶会の話は次の機会に。
DSC_0312「はじめての9月やね!」 高原選手は娘にこう言っていたそうです。ホントにはじめての9月です。少しずつふっくらとしてきました。もうすぐ家に帰ります。