さざんか咲いた路

日々

DSC_0903北風が強く吹くと、昨年11月終わり頃から咲き始めたさざんかは、たくさんの赤い花びらを散らします。3か月位は次々に力一杯色褪せることなく咲き続ける姿に、しっかり者の強い木だなあと思います。
冬、この道を通る時は「さざんかさざんか咲いた路 焚火だ焚火だ落ち葉焚き」とつい口ずさんでしまいます。
春になると桜が咲く同じ路ですが、四季折々にきれいに手入れされて、1年草の草花もきれいです。

今年も教室が始まりました。
昨年からの続きのマフラー、ショールを織る、ニケさん、ばあちさん。新たにプレゼント用のマフラーを織り始める清水さん。チェックのカシミアに挑戦する平野さん。シルクマフラーの吉野織のゆらりさん。

今年は昼食に、みんなで雑煮をいただきました。鶏肉、ごぼう、蓮根、大根、人参、白菜、里芋、切り昆布、かまぼこ、凍豆腐、餅の入った島原の具雑煮でした。

今年もそれぞれに楽しく機織りしていきましょう。